赤の書

2017/12/08

赤の書 ―The“Red Book

赤の書 ―The“Red Book"

  • 作者: C・G・ユング,河合俊雄,ソヌ・シャムダサーニ,田中康裕,猪俣剛,高月玲子
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2010/06/26
  • メディア: 大型本
  • 購入: 1人 クリック: 128回
  • この商品を含むブログ (22件) を見る
 赤の書と言っても、マルクスとかエンゲルスとか毛沢東とか関係ないよ、
C.G.ユングの今まで非公開だった本だそうな。
赤の書 【THE RED BOOK】C.G.JUNG

16年余りの長きにわたり、ユングが私的な日記として自ら手書きで緻密に書き綴った『赤の書』。そこには、その後のユング思想の中核となるものがすべて記されていた。しかし、さまざまな理由から『赤の書』は黒いトランクに入れられ、スイスのとある銀行の金庫の中で半世紀近くのあいだ眠りつづけることになったのである。その伝説の書物が、2009年10月、ようやく日の目を見ることになった。


細かな部分まで丁寧に描き込まれた大小さまざまな極彩色の美しい絵の数々、綿密な構成のもとに、ページぎりぎりまでびっしりと書かれたカリグラフィーの文字。さながら「ケルズの書」のような聖書の豪華装飾写本を思わせるこの書を、現物と同じ大きさのまま、日本語訳を付してお手元にお届けします。

 スイスのとある銀行の金庫の中で半世紀近くのあいだ眠りつづけていたっていうのが、
雰囲気のあるエピソードで良いね。ってまだ読んでないからこんな感想しか書けない(苦笑)


先日、大阪のキタの某大型書店で発見。欲しくなったが、重そうなのでamazonで買おうと思った。
帰宅してから自分の部屋を見て考え直す。購入の前に、本棚を整理しなくては…。

【期間限定特価】赤の書

【期間限定特価】赤の書

価格:42,000円(税込、送料別)

42000円が、定価なのかな?と思ったけど、楽天ブックスのリンク先には

特別定価:37,800円(税込)

通常42,000円(税込)のところ、2010年12月31日までの出荷につき、特価:37,800円(税込)

■ご注意■2010年12月31日までに弊社物流センターからの出荷に該当するご注文が対象です。2011年1月1日以降の出荷分につきましては通常価格となります。特価期間内の出荷(2010年3月31日までの出荷)に間に合うよう、前もってご注文ください。商品出荷の際に特別定価に修正してお届けいたします。

と書いてあります。

amazonも同じく、37800円。ポイントが貯まってる方で買いましょうってことかしらん。